Explore Your Nikkei Roots in Yokohama & Kobe 横浜と神戸で辿る「日系人のルーツ」

A scaled down replica of the Vegetable Float used in the Rose Parade at Japanese Overseas Migration Museum in Yokohama. It is a symbol of Nikkei communities working hard in the U.S. You can see an American flag made of crops on its roof. It is assumed that the Japan flag was on the other side.   PHOTO: ARISA NAKAMURA    海外移住資料館にあるオレゴン州のローズフェスティバルで使用された野菜山車のレプリカ。アメリカで仕事に励んだ日系人のシンボルである。山車の屋根には野菜でアメリカ国旗が描かれており、反対側には日本国旗があったと考えられている。

A scaled down replica of the Vegetable Float used in the Rose Parade at Japanese Overseas Migration Museum in Yokohama. It is a symbol of Nikkei communities working hard in the U.S. You can see an American flag made of crops on its roof. It is assumed that the Japan flag was on the other side. PHOTO: ARISA NAKAMURA

海外移住資料館にあるオレゴン州のローズフェスティバルで使用された野菜山車のレプリカ。アメリカで仕事に励んだ日系人のシンボルである。山車の屋根には野菜でアメリカ国旗が描かれており、反対側には日本国旗があったと考えられている。

BY ARISA NAKAMURA

(日本語は下部にあります)

Hoping to learn more about your Nikkei heritage? The next time you’re in Japan, consider visiting Yokohama and Kobe. The two cities have attractions that offer rich history of the Japanese immigrant experience.

Issei, or first generation immigrants, began leaving Japan in the late 19th century, many looking for new job opportunities or land to own in countries like the U.S. and Brazil. More than a century has passed since that original immigration wave. These days, immigration out of Japan has slowed. Yet, interest in the Japanese immigration experience is increasing with Nisei, Sansei, Yonsei, as well as non-Japanese.

If you are planning to visit Japan, consider exploring the roots and history of Nikkei in Yokohama and Kobe.

Japanese Overseas Migration Museum (Yokohama)

海外移住資料館(横浜)

Hours: 10AM - 6PM
Closed Mondays
Address: 2-3-1, Shinko Naka-ku, Yokohama, Kanagawa, 231-0001, Japan
Website: www.jica.go.jp/jomm/
Admission Fees: Free
Display Language: Japanese and English

A photo of Seattle’s Nippon Kan theater curtain is displayed to explain about role of halls, which were indispensable institutions for building communities, mutual assistance and mutual friendship.   PHOTO: ARISA NAKAMURA     コミュニティの交流に欠かせなかったホールの一例として、シアトルにあった日本館の緞帳の写真が展示されている。

A photo of Seattle’s Nippon Kan theater curtain is displayed to explain about role of halls, which were indispensable institutions for building communities, mutual assistance and mutual friendship. PHOTO: ARISA NAKAMURA

コミュニティの交流に欠かせなかったホールの一例として、シアトルにあった日本館の緞帳の写真が展示されている。

This museum features a brief history of Japanese immigrants around the world. Visitors can learn about the immigrants’ daily lives, food, and communities of immigrants to Hawaii, North and South Americas. In this early settlement period, some people described Japanese immigrants negatively, such as using the word “Kimin,” meaning people who flee the country. The museum opened in 2002 in order to change the view of Nikkei and promote deeper understanding of their stories. Shigeru Kojima, a co-founder of the museum, says “Nikkei people helped to enlighten and introduce Japanese culture, life, and values to the foreign countries. Nikkei people also devoted their lives and worked hard for the countries where they lived. We would like to highlight what they did for Japan and those countries.” Near the museum, there is the Hikawa Maru, a ship that transported cargo and passengers between Yokohama and Seattle between 1930-1960, except during and immediately following World War II.

Emigration Museum at Kobe Center for Overseas Migration and Cultural Interaction

移住ミュージアム

Hours: 10AM - 5PM
Closed Mondays
Address: 3-19-8, Yamamotodori, Chuo-ku, Kobe, Hyogo, 650-0003, Japan
Website: www.kobe-center.jp/museum.html (Japanese)
Admission Fees: Free
Display Language: Japanese and English

Blue drums were popular items to bring to South America. They were used for Ofuro (hot bath).   PHOTO: ARISA NAKAMURA    南米への移民達は青いドラム缶をよく持ち込んだ。これらはお風呂に用いられた。

Blue drums were popular items to bring to South America. They were used for Ofuro (hot bath). PHOTO: ARISA NAKAMURA

南米への移民達は青いドラム缶をよく持ち込んだ。これらはお風呂に用いられた。

Accommodations for immigrants before leaving to South America from Kobe. Eight people could stay in a single room.   PHOTO: ARISA NAKAMURA    神戸から南米へ向かう移民達が滞在した部屋の再現。一部屋に8ベッド用意されていた。

Accommodations for immigrants before leaving to South America from Kobe. Eight people could stay in a single room. PHOTO: ARISA NAKAMURA

神戸から南米へ向かう移民達が滞在した部屋の再現。一部屋に8ベッド用意されていた。

At the Emigration Museum inside Kobe Center for Overseas Migration and Cultural Interaction, visitors can learn how Japanese immigrants prepared for their departure, with a focus on Nikkei creating a new life in South America. The museum itself is located in the original building where many Issei prepared to depart to foreign countries starting back in 1928. While they were there, people took language and cultural classes, went shopping, and took health and medical exams. In the museum, you can see how sleeping beds were laid out, poems that people engraved on the ceilings, what they brought to South America, and learn about their experience during WWII. The Kobe Center also offers social care services to Nikkei who recently came back from South America and used as a social gathering place for them.

横浜と神戸で辿る「日系人のルーツ」

日本で「日系人の歴史」について学んでみませんか?横浜と神戸には、日系移民史を学べる施設があります。日本の移民、すなわち日系一世が日本を離れたのは19世紀後半頃のこと。多くの人々が仕事や土地を求めて海を渡り、アメリカやブラジルなどの国々を目指しました。海外移住が始まってから既に100年以上の月日が経ち、海外移住の規模は縮小しました。しかし、二世、三世、四世や日系人でない人々にとっても、日系人の移住の歴史は興味深いものとなっています。海外在住者やそのご家族、留学生または旅行で海外へ行くことがある方々は、ぜひ今一度、日系人の礎を築いた方々の軌跡を辿ってみてください。

(1) 海外移住資料館(横浜)

JICA海外移住資料館では、ハワイ、北米及び南米への移住の歴史、移住先での仕事、生活、風景、経験などが網羅的に展示されています。入植初期の日本からの移民は、国が捨てた・国を捨てた「棄民」と呼称されるなど否定的に表現されることもありました。2002年に開館した同館は、そうした日系人についてのイメージを変えること、その実態をより深く伝えることを目的として設立されました。資料館の立ち上げにも関わった研究員の小嶋茂氏は「日系人こそ、海外に日本の文化・暮らし・価値を広めた人々であり、同時に渡航先の国の発展のために働き、力を尽くした人々です。私達はそうした日系人の活躍に光を当てたいと思っています」とお話してくださいました。また同館から海沿いに20分ほど歩くと、1930年から1960年(第二次世界大戦時及び戦後直ぐをのぞく)中にシアトルと横浜間を結ぶ貨客船として活躍した氷川丸があり、船内はその歴史を伝える博物館となっています。そちらも是非立ち寄ってみてください。

〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2-3-1 JICA横浜2F

電話番号 045-663-3257

ホームページ https://www.jica.go.jp/jomm/

料金 入館無料

開館/閉館時間 10:00~18:00

休館日 月曜日(祝日の場合、翌日)、年末年始

(2)移住ミュージアム(神戸)

海外移住と文化の交流センター内にある移住ミュージアムでは、主に南米へと渡った日本人移住者達の渡米前の準備や渡米後の生活について学ぶことが出来ます。同施設は1928年に移民収容所として開館し、現在では日本で唯一現存する海外移住者のための施設です。移民達は同施設での滞在中に、必要物資の買出しをしたり、移住先の言語や文化についての講習、健康診断などを受けました。館内では、滞在部屋の再現、移民が天井に書き残したメッセージ、第二次世界大戦中の現地での様子などが展示されています。また同施設は、南米から日本に帰国した日系人達の生活支援を行っており、日系人たちの交流の場でもあります。

〒650-0003 神戸市中央区山本通3丁目19番8号

電話番号078-272-2362

ホームページhttps://www.kobe-center.jp/

料金 入館無料

開館/閉館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)

休館日 月曜日(祝日の場合、翌日)、年末年始

掲載:2019年6月